« キャップおめでと。 | トップページ | 痛恨の・・・ »

2012年2月15日 (水)

さてどうなるか?

板金塗装、材料の進化もどんどん進んでまして・・・。

塗料屋さんが、下地用の新材料を試して欲しいとサンプルを持ってきてくれまして、材料メーカーの言うとおりなら、全塗装の下準備が相当早くなる算段。

問題は、耐久性。

とりあえずやってみんことにはいかんと

とにかくその材料の特性を生かすべく、時間重視の工程でテスト。

鬼の速さで1●時間で着手から乾燥までが終了しました。映画の世界が夢ではない・・・。しかし問題は耐久性。しばらく通常使用で経過を見守ります。

テスト車両となったのは・・・

20120216

事務員C殿の32GT-R。

経過良好なら、全塗装・1泊2日の超エコノミーコースが誕生になるかもしれません。

« キャップおめでと。 | トップページ | 痛恨の・・・ »

全塗装な塗装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キャップおめでと。 | トップページ | 痛恨の・・・ »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ