« ぬる順番 | トップページ | もう10月おわりですって »

2010年10月27日 (水)

きわみ

車というのは、人が使うもので、人が使った結果、その車には大なり小なり歴史が刻まれるわけで。。

塗装のヤレも、傷も歴史で。

101027_15490001

本日、お肌の曲がり角を磨き中。この車、ラッカー塗料で仕上げられている車両。これで車種が分かった人は、ツウですね。

ラッカー塗料、ウレタン塗料が当たり前になった今では、ラッカーは安物のダメ塗料みたいな書き込みをネットでチラホラ見ますが、ラッカー塗料の艶には、ウレタンとはまた一味違った落ち着きと、スッキリ感がありますの。なんちゅうか、大人の艶というか、艶に派手さがない分、品格があるというか。スパッとしてて、とにかく良いんです。ラッカーの艶は。

間違ってもダメ塗料ではありません。しかし、お手入れは大変。ウレタン塗料に比べると、表面も柔らかいし、塗装膜厚も少ないし。ワックスなんか下手に掛けると一発でシミになるし・・・。コーティングなんか論外。

ラッカー塗料の品のある艶を維持しようと思ったら、乾く前に水分拭き取り。汚れる前に毎日お掃除。汚れたから洗車じゃなくて、洗車の必要が無い維持管理が必要です。

毎日コツコツ手入れしてくれる、几帳面で車に造詣の深い、お抱え運転手が居ないと、とてもじゃないけど維持できないのがラッカーの艶なんです。安物塗装どころか、ある意味贅沢なんです。ラッカーは。

だから採用されているのもこの車。

101027_15500001

ロールスロイス。シルバースパーⅡ。

最終仕上げで使うコンパウンドで少しずつ少ずつ磨いてます。

塗装のヤレも歴史ですが、この車両にはビックリな歴史がありまして、実際にとある国の王室のプリンセスが使っていた車両。お役御免ではるばる日本にやってきた一台。ここにあの人が座っていたのか・・・・と思いながら、後部座席を眺めておきました。

いいなぁロールスロイス。

« ぬる順番 | トップページ | もう10月おわりですって »

車なお話」カテゴリの記事

コメント

キャベツで巻いて、コンソメスープでグツグツ煮込んで・・・・。やっぱイイですねぇ~ロールキャベツ

これって純正でラッカーなんすか!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぬる順番 | トップページ | もう10月おわりですって »

フォト

facebook

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ