« ついにきた | トップページ | 今週末の現場達。 »

2010年3月11日 (木)

純正加工で間違い探し。

少しずつ、少しずつ、各部を加工することによって、結果として大きく印象が変わります。ディティールをいじるってやつだ。

Ca340056

まず、加工前のノーマル状態。(オーテックのY34セドリックなので、もともとこのエアロバンパーとグリルね。)

Ca340378

加工後。グリルが大きく変わったのはすぐに分かりますね。その他にもそーとー変わっているんですが分かります?スクロール繰り返して見てみてね。

大きく分けると9箇所。すべて見分けれた人は、かなり造形に深い、または鋭い人でしょう。正解はずっと↓へ。

見るの?どーぞ↓へ。

【模範解答】

Ca3403782

1ヘッドライトグロリア後期用に変更。

2ライトのグリル側の角度変更に合わせてグリル枠角度変更。

3グリルの中をスッキリさせて色変更。

4バンパー上部の意匠変更。

5ナンバー枠同色。

6バンパー下部、下へ延長。

7バンパー下部に掘り込みのライン。

8バンパー下部のエアダクト片側埋め、片側意匠変更。

9バンパー下部側面、若干裾広がりに変更。

細部ばかりの加工でも、集まればこんなに雰囲気が変わる好例です。やっぱり車いじりはディティールが物を言う。派手なやたらでかいビョーンとなったやつを付けてパテ埋めすれば良いってもんじゃーない。

« ついにきた | トップページ | 今週末の現場達。 »

カスタムなお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ついにきた | トップページ | 今週末の現場達。 »

フォト

facebook

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ